Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人は変えられない・その2

   

「人は変えられない・その2」

さて、前回は、会社組織の中での話を
例に取ってお伝えしましたが、

これが、組織ではなく友達や知人など
だったらどうしたら良いと思いますか?

結論から言うと、同じです。

組織でも友達づきあいでも・・・

人は変えることができませんから、
変わってもらおうという意図で話すと、

相手は、抵抗してきます。

潜在意識は、変わることを怖れますので
無意識のうちに、変えようとする人に対して
抵抗をしようと働くからです。

だから、一度相手の言い分
あなたの考えはそういう考えなんだね

と受け取った上で、私の考えも聴いて欲しいということを
伝えるしかありません。

それでももし、傷つくことを言われたなら、
悲しい、腹が立った・・・

など、自分の感情を伝え、傷ついたことを伝えることも大事です。

相手は、何も言わないあなたに甘えていて、
現実を見ようとしていないからです。

相手を変えようとする意図で話すのではなく
自分の意見を自分のために相手に話して聴いてもらうことです。

世界で、自分を守れるのは自分しかいないのです。

一番の不満は、相手に自分の言いたいことが言えないことにあると思います。

それはつまり、自分を大切にできていないことでもあります。

もしも、あなたが我慢をして、
意見を聞き入れるだろうと相手が思っていて

あなたが意見を言っ途端に、仲が悪くなるような相手だとしたら、
それは果たして友達と言えるでしょうか?

ただ、世の中には病的な人もいます。

自分の想い通りなっていた相手が、
そうではなくなったことの腹いせに、
他者を巻き込んで、みんなで意地悪をする・・・

というようなこともあります。

いじめですね。

例えば、もし、引っ越した家の隣が
病的な人が住んでいて、普通の生活音なのに、

うるさい!と毎日怒鳴り込んで来るような人だったらどうしますか?

よく事件になってテレビで見かけますが・・・

そのような場合は、法的な対処ができない場合、
残念ながら、もう、不運な事故に合ったと思って、離れるしかありません。

相手は、病的なのですから
まともに取り合うことが無理なわけですから。

人間関係もそれと同じで、本当に友達なら
言いたいことを言い合っても、すぐにまた仲良くなれます。

私はそういう人としか仲良くしたくありませんし
そうできない人とは、それなりの距離を持って付き合います。

また人間それぞれ違う価値観を持っていますから
多少のことは、お互い様なので、時には譲り合うことも必要ですが、
どちらか一方だけが、いつも我慢しなければならないとしたらどうでしょう?

我慢されている人は、もう少し自分を大切にしても良いと、私は思います。

そして、伝える時は、相手が受け取りやすい
言い方をすることも大事。

まずは、相手の言いたいことを受け取った上で、
自分の意見を聴いてほしいことを伝え、

それを聞きいれようとしてくれないなら
それに対して、悲しいとか、残念だとか・・・

気持ちを伝えることです。

それで壊れてしまうような関係を大切にしたい理由は何でしょう?

その人が居ないと寂しいとか、困るとか
相手に何かで依存をしていませんか・・・?

もし、依存など、理由があるとしたら、
関係が壊れても大丈夫な自分になることが
先かもしれません。

友達関係は横の関係ですから対等であるべきです。
お互いが尊敬、尊重し合い、愛のある関係が友達関係ですよね?

1.相手を変えるのではなく自分を変えるのか

2.それとも、腹を割って話して、もっと良い関係になるのか

3.相手があなたを見下していたり、あなたを粗末に扱う相手だとしたら・・・

離れるチャンスかもしれません。

ぶつかり合うと言うのは、相手の人格を否定するわけではなく
相手の行動や意見に対して同意できないことを伝えるだけです。

相手は鏡でもあるので、その相手と解決しない場合、
また同じテーマの課題が、人を変えてやってくる場合もあります。

今こそ、人生をより良くするチャンスだと思って
1.2.3のいずれかにチャレンジをしてみましょう。

 

~TCカラーセラピー田中哉子さんのメルマガより~

 - TAKAKOのつぶやき