Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

自営業老後の備えに50代から年金の不足を補う秘策

   

自営業は健康なら一生働けますが退職金もなく少ない年金だけで老後の備えは安心ですか?
高齢化がすすみ、会社員の方は退職後の生活が長くなりましたし公的年金以外に安定した収入がなくなる老後に不安を感じる方も多いでしょう。自営業者の場合は退職金もなく健康なら一生働けますが体力的なこともありますし国民年金の受給額は少ないですから十分生活ができません。ですから50代からでも老後の備えは大切です。そして50代自営業の老後の備えに必須なのは、お金、健康、生きがいです。

自営業者は長く働くか、しっかり貯蓄するかの選択が必要ですね。定年は無いわけですから65歳になったら年金で悠々自適の生活ではなく、まだまだ頑張るしかありません。自営業リタイア後は年金だけで暮らしていけますか?

・自営業の少ない年金を補える蓄えは準備できていますか?

・病気や怪我、不測の事態に備えるための資金はありますか?

・自営業の経営に将来不安ではありませんか?

わたしは自宅エステサロンを営み18年になる自営業です。健康で元気でありさえすれば定年なく70,80才でも働けます。しかしエステ業務は重労働ですから若い頃と同じようには、できませんから仕事の量も限られて来ます。今まで無我夢中で頑張ってきましたから、細々とでも生活が賄えるくらいの収入はありますが老後資金の蓄えまで備えるゆとりはありません。

50代自営業の老後の備えは、ゆとりある老後をむかえるために計画的に資産形成を行う必要があります。40歳代後半から50歳代、どのような備えをすればいいのでしょう。

50歳代ともなれば親の介護の問題もでてくる方もいるでしょうし、会社勤めの方は介護離職を避けるためにも、欠かせないのは、様々な公的・民間サービスを活用するといいかもしれません。老人ホームに多額のお金をかけるより、サービスを使いこなす方が資金負担も少ないかもしれません。そのためにも、いつでも自由になるお金の備えは、ほしいところですね。

自営業の老後の備え 保険

将来の老後の備えに、保険に頼ろうとする人は多いようですが生活を守るために主となるのは、保険よりも「働き続けること」。まずは働いて収入を途絶えさせないこと。そしてコツコツと貯蓄をすること。これが一番確実な“保険”になるはずです。

自営業者は特にカラダが資本です。健康でなければ働くこともできません。もし、病気やケガなどで働けなくなることの備えのひとつで医療保険に入るなら、基本保障(入院給付金+手術給付金)のみのシンプルなタイプがおすすめのようです。

 終身保障ではなく、一定期間を保障する定期保険を選べば保険料も割安ですし保険料を安く抑えて、貯蓄に回せるほうがいいですね。でも貯蓄に回せるほどの売り上げがあれば安心ですが自営業者は毎月収入は安定したものではありませんし労働収入だけでは収入を増やすことはきびしいのが現状ではないでしょうか?

自営業の老後の備え 小規模企業共済

自営業なら月1000円から7万円まで小刻みに、増減できる小規模企業共済というのがありますが、老後資金を補えるほどの掛け金をかけてはいないので十分な備えにはなりません。50代からでもコツコツ老後のために積み立てる「自分年金枠」を確保しておく必要があります。

昨今、オシャレな言葉で表現されるフリーランスやノマドワーカーも自営業と同じ個人事業主ですから老後資金準備をしておいたほうが賢明です。

 自営業者老後の備え 副業

国民年金(老齢基礎年金)をもらいながら自営業を65歳以降続けても年金はカットされませんから、健康で働けるうちはリタイアを70歳や80歳まで引き延ばし本業の他にも収入を増やす手段があれば大きな財産になります。

50代からでも少ない年金を補填する為の方法として、私が選んだのは在宅ワークでできるネット集客のネットワークビジネスです。

ご主人様やパートナー、両親などに頼ることもなく、生計を立てているわたしのような個人サロンの女性オーナーというのはほんの一握りかもしれません。実際エステティック業界の中でも特に個人サロンのオーナーは自分の仕事だけでは食べていく事ができない人がたくさんいます。

わたしがこのネットワークビジネスを選んだ理由は、無理な負担もなく長期的に収入を得られる土台作りをするのに賢い選択ではないかと思ったからです。ネットワークビジネスは、労働収入でお金をたくさん稼ぐこととは全く別の意味があります。

確かにネットワークビジネスは収入を得られるようになるには、多少の努力と工夫が必要で即金にはなりません。ですが堅実にコツコツと積み上げることで不労収入が得られ、いずれ権利収入となる資産を作ることができるのです。将来を見越した資産形成が可能だということが最大の魅力なのです。在宅式ネットワークビジネスは即金にはなりませんがコツコツ継続することで権利収入の構築ができます。

例えば月10万円の権利収入が確保できれば年間で120万円。
それを50才から80才までと仮定しても3,600万円。

60才からだとしても2,400万円の老後資金の備えになります。さらに健康維持、アンチエイジングのサポートにもなったら一石二鳥です!本業のすきま時間できるこの在宅副業のおかげで、私は少ない年金である自営業の将来不安も解消され心穏やかに仕事に集中できるようになりましたし、大好きな仕事に携わっていられることが嬉しくて仕方ありません(^◇^)

そして最初は少ない収入でも継続していくことで年金にプラス毎月10万円~30万円の不労収入が口座に振り込まれたら生活資金準備は十分ではないでしょうか♪老後の備え資金、突然の病気、親の介護など自営業者が備えるべきことは多いです。備えた上で“今”を楽しく過ごすことができたら一番いいですね!

在宅式ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスはよく、ねずみ講と混同されたり、詐欺と間違われたり、世間での評判がいまいちのですが、法律とモラルを守り相手の気持ちを考えながら取り組めば素晴らしいビジネスです。

製品やビジネスを人に伝え、広めることで利益が生まれるのがネットワークビジネスです。でも、ネットワークビジネスに興味を持たない人の空気も読まずに自分の利益だけ考えて、何度も無理に勧誘したら二人の関係が気まずくなって、相手を傷つけ自分も悲しくなるという結末が待っています。

在宅式ネットワークビジネスは一般的なものと異なり、勧誘をする必要もなく全国からネットワークビジネスに興味をもった方々を集客できるノウハウとシステムがあります。単に自分が紹介者を出すだけでなく、自分が紹介した人も同じように紹介者を出すようになることで、組織はどんどん大きくなっていきます。

ネットワークビジネスでは、自分の利益だけを考えるのではなく、自分のもとに参加してくれたダウンさんの利益も考えることが必要で、早い者勝ちでは、それは成り立ちません。そして、どんなビジネスにも言えることですが人を大事にすることが何より重要だと思います。お金だけ稼げても、人間関係がボロボロだったら空しいものです。

自分の人脈に頼ることなく、ネットワークビジネスを通して新たに人脈ができていき、このビジネスに参加しなかったら出会えなかったであろう全国各地・海外の志を同じくするメンバーと温かい交流ができます。おかげで、在宅ネットビジネスにありがちな孤独感もありません♪

私が実践している、この在宅式ネットワークビジネスに、ご興味をお持ちになりましたらまずは必要な心構えやその成功法を、7日間の無料メールセミナーでお確かめ下さい。その上で更にご希望の方に詳しいビジネス資料を無料で差し上げております。

 

 

 - 自営業者の在宅ワーク副業, 安心な老後資金 , , ,