高齢化で稼げる仕事3つのポイント

   

40代後半を過ぎた中高年にとって未来は不安ばかりです。50才を過ぎた私も例外ではありません(~_~;)こらから高齢化に稼げる仕事で何か良い対策はないものでしょうか?

1947年から1949年に生まれた団塊世代は2012年に65歳を迎えました。団塊世代が60歳に到達し始めた2007年以降、大量の退職者が発生し、深刻な人手不足をもたらすことが、労働市場の「2007年問題」として注目されていました。

近年の65歳以上の雇用数は上昇傾向にあり、2015年にはとうとう「65歳以上」の雇用数が485万人と、「60~64歳」の雇用数である438万人より多くなりました。もちろん雇用者と一口に言っても、その形式にはさまざまなものがあります。60歳以上の男性に関するデータを見ると、非正規で働く労働者は60歳を境に増加傾向になり、70~74歳層の76.5%をピークに下降が始まって75歳以上の層では63.9%となっています。

高齢者でも仕事をしたい

高齢者に対する労働要求が高まったとして、実際彼らは労働を続けていくことができるのでしょうか? 内閣府が平成28年に実施した調査によると、60歳以上の高齢者のうち実に7割が「働きたい」と感じていることがわかっています。中でも「何歳まで」という特定の区切りなく、「働ける間はいつまででも働いて収入を得たい」と感じている人の割合は28.9%と高く、「仕事をしたいと思わない」と感じている高齢者はわずか10.6%となりました。

このように、定年を迎えたあとの高齢者でも「仕事をしたいと感じている人」や「実際に仕事を続けている人」は多数いるわけですが、企業がこういった高齢層を役立つ人材として活用するためには「モチベーションの維持」というポイントを押さえる必要があります。そのためには、この年齢層の人々だからこそ持っている能力を生かせる場を用意することが重要になります。

高齢者の労働を続けたいというモチベーションを保つために企業ができる案としては、以下のようなものが挙げられます。

・高齢者には肉体を使う労働ではなく、これまで培った専門的な知識や技術、ノウハウを、若い世代に教える役割を与える

・違った世代同士のコミュニケーションが円滑に行える環境作りをする

・高齢者向けの設備や作業環境を整える

もちろんこういった案は、業種や企業の規模、高齢者以外の労働者の年齢層によって違ってくるため、自社のスタイルに合った案を打ち出せるよう調査を行っておくことも忘れないようにしましょう。

高齢化で稼げそうな仕事

インターネットにかかわる仕事は、インターネットが普及し始めた頃と比べると随分増えていますよね。目のつけどころによっては、ますます稼げる可能性が広がる分野です。

インターネットビジネスは国内だけではなく、全世界へ向けての発信が可能だし、軌道に乗れば稼げるご高齢のユーチューバーの方もいますよね!そのほか医療や介護、そして葬儀やお墓など、高齢化によって必要とされる仕事などありますね。「稼げる仕事」って、たくさんの人が求めていることを形にできる仕事なのかもしれませんね。

高齢化社会を乗り越える3つのポイント

現在の生活水準を維持する3つのポイント

1.コミニケーションの取れる仲間づくりをしておくこと。

2.若くはないと自覚を持ち徹底して自分の身体に興味を持つこと。

3.第二の年金、プラスαの収入を確保すること。

きびしい高齢化社会を乗り越えるには、この3つが大きな武器になります。そして私は本業とは別に、もうひとつの収入を得て高齢化社会を乗り越える備えのひとつとして、在宅ネットワークビジネスを選びました。

ネットワークビジネスは流通させることができなければ収入は入りません。一生懸命自分のネットワークに商品を流通させようと自分の知り合いを勧誘したとして、同じように考えて、始めてくれる人も中にはいるかもしれません。

でも断られた人からはどんどんと信用をなくしたりしませんか?そんな思いをしなくても口コミもせず、勧誘することもなくネットワークを広げることができる魅力あるネットワークビジネスの手法があったらいいと思いませんか?私はこの在宅ネットワークビジネスに出会ったことで楽しくストレスフリーで活動できて老後の不安もなくなりました♪

高齢化で健康寿命年齢が長くなりましたし、多くの方の健康サポートもでき仲間も出来る、収入も得られる、このようなネットワークビジネスも稼げる仕事のひとつだと思います。

 - 50代女性が活躍できる仕事 , ,