Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

おひとりさま老後はエレガントリッチに!

   

ひとりで暮らす高齢者、いわゆる「おひとりさま老後」は増えているようです。これは生涯未婚率の上昇という現象にも表れていて生涯未婚率とは50歳までに一度も結婚したことのない男女を指しますが、2015年の国勢調査では男性で23.37%、女性で14.06%となっています。

つまり、およそ男性の4人に1人、女性の7人に1人が一度も結婚をしていないということです。10年前に比べても男女ともに3%強増加しているようです。仮に結婚していても、長寿化が進む昨今、どちらかに先立たれて、おひとりさまになるというケースも増えています。

「ひとり暮らしの老人」という言葉からは寂しげな語感が漂いますが、必ずしもそういうわけではありません。実際に単身世帯の高齢者の方とお話をする機会もありますが(経済コラムニスト 大江英樹さん談)、案外元気に楽しくやっている方が多く特に女性の方が楽しそうです。女性の一人暮らしの方は夫と暮らしていたときより元気になるとよくいわれます。

わたしの知り合いにもご主人様を亡くされた後、とても溌剌(はつらつ)と好きなことに取り組み楽しそうに過ごしている方が多いですね^^

おひとりさま老後 男性はコミュニケーションが苦手

元気に暮らしているお年寄りには共通点があります。それは人とのつながりを大切にしているということです。一人暮らしの高齢女性が元気なのは、この人とのつながり、コミュニケーション力が優れているからではないでしょうか。女性は子どもを通じて知り合いになるママ友など、男性にはないつながりの場がありますからね。

男性の場合、個人差はあるものの一般的には女性に比べるとコミュニケーション能力はかなり劣っているといわざるを得ません。特に会社の組織のようなタテ社会でのコミュニケーションはともかく、ヨコ社会となると非常に苦手な人が多いように思います。男性がお一人さま老後に備えるには、ヨコ社会でのコミュニケーション力を身につける必要があるでしょう。

会社以外の交遊関係を増やすのは発想の転換も必要で一人を「孤独」とか「寂しい」と考えるのではなく、「気楽に過ごせる」と気持ちを切り替えるといいようです。もちろん、長年にわたって持ち続けてきた自分の価値観を変えるというのは大変かもしれませんが一人暮らしというのは慣れてくるとそれなりの過ごし方が身に付いてきて気楽で楽しいものです。

そしてひとりでいることと孤独であることは違います。仮におひとりさまであったとしても、楽しく付き合える関係が多ければ、それはきわめて充実したシニアライフだと思います。

おひとり様老後 女性は老後資金づくり

一方で、女性のおひとりさまも問題がないわけではありません。よく老後の三大不安は「お金」「健康」「孤独」といわれますが、このうち健康は共通の不安でしょうから、男女の差はないと思います。男性にとっての不安は「孤独」女性にとっての不安は「お金」です。

長く会社勤めをしていた男性なら、お一人さまでも年金も退職金もありますから、生活に困窮するということはないでしょうけれど、女性のお一人さまの場合は男性ほど年金などを受け取れないケースが多いですし、男性ほどは生涯賃金が高くないでしょう。しかも、女性は男性より平均寿命が長いため、老後費用は余計にかかります。

わたしのように65歳以上で配偶者がいない人の割合は男性は約2割、女性は約5割とシングル女性の比率が倍以上。(15年の国勢調査のデータから筆者が算出)。これは夫に先立たれた女性が多いということを示していますが、女性は結婚していてもしていなくても最後はお一人さまになる可能性が高いのです。子育てを終えた後は共働きをしたりして、老後資金づくりに励むなど、女性はおひとりさまの老後への備えをしてエレガントリッチに輝きたいですね!

 

おひとりさま女性の老後将来をサポートする在宅ネットビジネス

 

 

 

 - おひとりさま老後