おひとり様老後の3つのリスク

   

現在、家族と暮らしている人でも誰もがおひとり様になる可能性があります。配偶者と死別した方や、未婚の中高年のおひとり様の暮らしが急増しているといいます。

現在、全国のおひとり様の数は1679万世帯にのぼり、総人口の13%、全世帯数の32%を占めているそうです。女性の場合20代のみならず70代でおひとり様が多いのは女性の平均寿命が男性よりも長いので夫と死別して一人暮らしをする女性が多いからですね。また親と同居する40歳以上の未婚者は同居している親は60歳以上でしょうから親が死亡したり介護施設などへ入所した場合には、これら未婚者はおひとり様になる可能性が高いです。

1つ目のリスク

おひとり様はいざというときに支えてくれる同居家族がいない点で、二人以上の世帯よりもリスクが高くなります。リスクのひとつがおひとりさまが失業や病気になった時、結婚していれば配偶者が働くことでやりくりできますが、それが難しく貧困に陥りやすくなります。

実際、男女別総数の貧困率を比較するとおひとり様女性では30代後半男性では50代以降から貧困率が高まり、そして65歳以上になると、男性の38・3%、女性の52・3%が貧困に陥っているそうです。

2つ目のリスク

2つ目は要介護のリスクがあります。親の介護が必要な場合シングル介護では仕事と介護の両立が難しくなり家族の介護・看護を理由とする離職者は、年間約10万人。そのうち54%は、40代と50代の働き盛りの年代が多いそうです。

3つ目のリスク

3つ目は社会的孤立のリスクです。おひとり様の65%が「孤独死を身近な問題」と感じているそうです。年金も厚生年金ではなく私のような自営業者の場合は支給される年金額が少なく標準的な老齢厚生年金額は月16万程度(ボーナスを含んだ1カ月当たりの平均収入36万円で40年間働いた場合)なのに対して、国民年金の老齢基礎年金額は満額で6万5000円程度です。

おひとり様である自分の老後は一人であるがゆえの将来への意識を高めることは必須ですね!そしてリスク回避できることを先読みして在宅副業を始めるのも賢明だと思います!

おひとり様対策50代からでも毎月10万円収入をアップさせる副業方法

 

 

 

 - 老後はエレガントライフを満喫するために , ,