Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

お金の使い方が上手な女性はメリハリ美人

   

お金と上手に付き合える人ほど「お金を使うところ」と「使わないところ」がはっきりしているもの。女性ならメリハリ美人になり、上手なお金のかけどころを知りたいですね。

「欲しいものを買っていたら、いつの間にかお金がなくなっていた」という浪費タイプもいれば「毎日節約ばかりで、お金はほとんどた貯めるだけ」というお金を使わないタイプもいます。

お金を使いすぎてしまう人

お金を使いすぎてしまう人に共通するのは「特にお金をかけたい費目」と「お金をかけなくても満足できる費目」が分かっておらず支出にメリハリがない点です。“なりたい自分”をイメージし、削れない支出の費目を見極めることから始めるといいですね。

お金を上手に使えない人

逆に、節約ばかりでお金を上手に使えない人は、将来への不安などから、ため込み、お金を生かせなくなっています。お金は使ってこそ価値が生まれます。ためてばかりで“今”を幸せに生きられないのなら本末転倒です。上手なお金の使い方を身に付けることが大切です。そのために心がけたいのが「“ときめき”を大切にすること」自分の心を満たすお金の使い方ができれば、モノの要・不要が分かり、メリハリがつくようになります。

 

●あなたはどのタイプ? チェックしてみてね!

チェックは、A~Cの項目で、それぞれ当てはまるものが一番多いところがあなたのタイプ。チェックの数が同じものが複数ある場合はより共感した方を参考に。

【A】
□ 欲しいと思ったら我慢ができない
□ モノを買うこと自体に楽しさを感じる
□ 何かを買ってから後悔することがよくある
□ クレジットカードの明細は見ない
□ 限定品、ラスト1点という言葉に弱い
□ 家に似たような服やバッグがある
□ お金が全然たまらない
□ 毎月いくら使ったか分からない

【B】
□ 化粧品はサンプルで済ませることが多い
□ おしゃれにはあまり興味がない
□ ポイントカードや割引チケットがあふれている
□ 思い切った自己投資はなかなかできない
□ 飲み会には参加しないことが多い
□ 悩み事など、なんでも話せる友人がいない
□ 将来のことを考えると不安になる
□ ためるのは得意だと思う

【C】
□ ドラッグストアでは必要なものを厳選して買う
□ こだわりの支出でも上限を決めている
□ 毎月のクレジットカードは利用額を決めて使用する
□ 貯蓄は無理のない額を毎月先取りでためている
□ 交際費は無理に削らないが、ひとりの外食は控える
□ 保険は自分に合ったものを定期的に見直している
□ 毎月だいたいの支出は把握している
□ すべてを節約した生活はしていない

 

●Aが多かった人は…使いすぎ

「かわいいから」「欲しいから」となんでも買っていては貯蓄できないのは当たり前です。広告や周囲の声などに流されて本当はそれほど欲しくないものまで買っていないか、今一度考えてみてみましょう。

Aタイプがメリハリ美人になるための3つのポイント

1.“何”を買うかではなく“なぜ”買うのか考える。
2. 月々の支出を把握して身の丈に合う生活をしましょう。
3. 毎月の給与明細を見る習慣をつける。

●Bが多かった人は…使わなすぎ

そもそも貯蓄は将来の支出のため、旅行のためなど、何かのためにするものなのに貯蓄そのものが目的になっているタイプ。上手な使い方を知らないと、いくらためても不安が消えることはないと心得えましょう。

Bタイプがメリハリ美人になるための3つのポイント

1.安いから、得だからといった節約につながる判断基準をいったん緩めて“ときめき買い”を基準にお金を使ってみましょう。
2.お金を使うことに罪悪感を抱かない。
3.安心を得るためにやりたいことを我慢しがちなので自分のやりたいことにトライしてみましょう。

●Cが多かった人は…メリハリ美人

普段から支出と貯蓄とのバランスの取り方が上手なメリハリ美人。賢いお金の使い方できっと人生が充実しているでしょう。

 

将来の資産づくりのために賢い女性の在宅ワーク成功法

 

自営業者が仕事の合間に健康と権利収入の両方を手に入れる方法

《無料》7日間の成功メールセミナーのご登録&資料のご請求はこちら!

 


●今すぐLINE@登録で、ノウハウを無料でゲット!

 

 - TAKAKOのつぶやき ,