Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パレートの法則 2 6 2の法則に学ぶ

   

有名な法則なので
みなさんも、何かで知っていると思いますが

パレートの法則、あるいは、2:6:2の法則、80:20の法則
または「働き蟻の法則」と呼ばれているものがあります。

ウィキペディアから引用しますと

“パレートの法則は、イタリアの経済学者
ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則(統計)。

経済において、全体の数値の大部分は、
全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。

80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。”

働きアリのうち、
よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくるそうです・・・(^^;

また、ビジネスにおいて、
売上の8割は全顧客の2割が生み出しているそうです。

私のプライベートサロンも、8割はこれまで来店して下ったお客様で、
継続(リピートのお客様)している人はきっと全体の2割なのではないかなと思います。

所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
とも言われているので、お金持ちは2割ということでしょうか。

そして、興味深いのが・・・

”組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、
そしてその2割の要人が間引かれると、

残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである”

ということは、自分がTOP2割に入れる場所で
自分の力を発揮した方が良い・・・とも言えます。

2割のできる人が上にいると、

あきらめるのか・・・
無理だ、ダメだと思い込むのか・・・
さぼるのか・・・

は、分かりませんが、TOP2割に入って
活躍できる場所にいた方が、

自分の持っている能力が向上されるのかもしれませんね~。

そして、こんな風にも言われています・・・

あなたを好きな人2
あなたを嫌いな人2
どっちでもない人6

まぁ~これは実際に統計の結果なのかは謎ですが、
こう考えると気が楽になるな~と思います。

つまり、どんなに人から好かれよう
嫌われないようにしようと努力したとしても

2割の人に嫌われる。

嫌われている2割に気遣うよりも、
好かれている2割を大切にした方が

ビジネスでも人生でも楽に豊かになれるような気がしませんか~?

そして、ビジネスの場合は、ここが肝心です。
それは、どっちでもない人をどっちに向いてもらうかです。

例えば、あなたがサロンを仕事にしていたとして
お客様やあなたのSNSファンのうち2割は、

あなたが提供する物が好きで
利用もしてくれる人になる可能性が大きい。

例えばSNSで「いいね」を押すのが
友達1000人いたら、200人ということ。

でも、2割は、あなたの発信が鼻について
嫌いかもしれませんし、批判的かもしれません。

しかし、残りの6割はどっちでもないのです・・・
その人たちが、振り向けば、「いいね」の数は
300、400・・・となるわけです。

但し、ビジネスの場合、いいねの数=買ってくれる人
ではありませんので、そこは間違いないように。

それだったら、SNSの外にいる人に
どうしたら注目してもらえるかを考えた方が良いかもしれません。

友達1000人の200人より、
友達以外の人に見てもらえる広告の中の2割に
伝えて行く方が仕事としては効果的です^^

SNSという自分が創り上げた世界の中だけを見て
それが全てだと錯覚しないようにしたいものですよね♪

 

 

 - TAKAKOのつぶやき , , ,