Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ネットワークビジネスグループを本気でやる気にさせる方法

   

どうやってグループのやる気を起こさせるかはネットワークビジネスのもっとも重要なテーマの1つです。この章では何が人を動機づけ、どうしたらスムーズにネットワークビジネやる気を起こさせることができるのか、が説明されています。

上向きのやる気と、下向きのやる気とは

やる気には2つの種類があるとドン・フェイラさん。

上向きのやる気 ⇒ 一定で変わらない
下向きのやる気 ⇒ 熱が冷めやすい

~下向きのやる気~ 熱ければ熱いほど湯ざめする?

「熱ければ熱いほど湯ざめするのも早い」といいますが、ネットワークビジネスも同じ。やる気を出させるためやたら頑張れ、頑張れと煽り立てる集会に参加して、「よし、やるからにはやるぞ!」と熱くなったはずが、、、何週間、何か月かしたら熱が冷めていた、なんてことがありませんか?

(私のしている在宅ネットワークビジネスでは外での集会はなく、パソコンでのスカイプミーティングになります)

その時は一気に熱くなり、あれこれ将来の夢なんか考えて興奮しているのですが、家に帰ってさてなにから取り掛かろうか?と思ったとき、あれ、そういえば誰もどうすればいいのか、どうやればいいのかを教えてはくれていなかったなぁ(・∀・)。。

、、、ガッカリして気持も萎えちゃった、、みたいなことに、なりかねないのです。

ビジネスをする上での基本的な心構え

・あなた自身が暖かくなければいけません。

あなたが自分のネットワークビジネスについて誰かと話をするとき、相手は何もビジネスの内容は知らないので、その人の心構えレベルはゼロなのです。

それに対してあなたはせめて30度程度のぬくもりが必要なのです。あなた自身がまだ30度以下のそんなレベルで相手に伝えたとしても、相手にされず自分が落ち込むだけの結果に終わるというのです。

・しっかりビジネスのやり方を聞き暴走しない。

あなたの話を聞き参加したばかりの人が、とにかく早くスタートさせたくて、うずうずしています。ビジネスにもやる気満々、すでに40度を超えるくらいの熱気^^  ”このビジネスで頑張るぞ!”とすごい意気込みです。

でもそんな人に限って、何1つ学習しないうちから外へ飛び出してしまい、人に話をし始めます。そうして、少しでも疑問をぶつけられるとどう対処していいのかわからず即座に自分自身まで否定的になってしまうのです。

・苦い体験から反対される。

お金儲けをしようとする人に騙され(間違った伝え方をする人)ネットワークビジネスに幻滅し懐疑的になっている善意の親戚や友人はいるものです。

身近な人から「悪いことはい言わないから、そんなことに手を出さずに今の仕事を頑張りなさい!」などと忠告されると、たいていの人は決心がぐらつきます。そのままフェイドアウトしていく人も多いでしょう。

そんな反対する人たちも、”本当の意味でのスポンサー” から話を聞いていたら、無理やりサインアップさせられることもなく、その場で断わったにしても「ネットワークビジネスは別に悪いものではない」とわかって、そこまで反対することもなかったかもしれませんね。

~下向きのやる気~ 体温の40度レベルに保ち続けるには

そんな心構えレベルを常に活性化させるためには、どうすればいいのか?心構えを一定に保つためには、「上向きのやる気」をもつこと、上向きのやる気は、常に一定で安定しています。 それでは、どうすれば心構えのレベルをつねに活性化して、体温以上の40度レベルに保ち続けることができるのでしょう。

まずはじめに効果的に活動できるのはスポンサーは5人ということで、話は進められています。

あなたには、スポンサーしてくれた人がいますが、そのスポンサーはあなたが誰かをスポンサーする際、あなたのために手助けをしてくれます。まずは5人スポンサーします。そこで1人が5度ずつあなたの温度を上げてくれるとして、あなたの温度が25度になりました^^

スポンサーはあなたが5人をスポンサーするのを快く手伝ってくれました。今度はあなたがその5人の人たちのスポンサー活動を助ける番です。彼らにとっては5度ですが、でもあなたにとっては10度に値する活気を与えてくれるのです。

注目する点は、5人の中のたった1人が5人をスポンサーするのを手助けするだけであなたは55度のレベルに達することに!さらに3段目⇒20度、4段目⇒40度という熱気が生まれます。ネットワークが深くなればなるほど温度は上がり、活気が生まれみんなのビジネスが沸騰し始めるのも間近かになります。

前章での薪を1本より5本で燃やせば~の話ともかぶりますが、やはり人と人とのネットワークってすごい力があるんですね^^1人では限界がありますが、人との繋がりから、大きな可能性が生まれるのです。

ドン・フェイラさん、お鍋のお湯にもたとえています。水が沸騰するのは100度になったときですが、ココで興味深いのは「あなた一人の力で水を沸騰させることは出来ない」ということなのです。

いろんなネットワークビジネスのトップレベルの人のセミナーやミーティングに参加すると、あなたのやる気の温度は40度程度にはなるでしょうしモチベーションも上がりますが、でもあなた1人では水は沸騰しないのです。
じゃ、どうすればいいのでしょう。。

あなたのスポンサーは、必ずあなたの水を沸騰させる手助けをしてくれます。あなたのスポンサーした人は、あなたのスポンサーからしたら他人になってしまいますが、でもあなたがスポンサーすることを一緒になって助けてくれるのです。

いくらやる気があってもネットワークビジネスは1人の力では沸騰まではいきません。5段目まであなたがしっかりサポートすることによって、火力は増し水は一気に沸騰するのです。

このことさえ理解できれば間違いありません、ネットワークビジネスの仕組みを知りやる気が出てきたら、あとはダウンさんのために行動しましょう。きっとあなたのお湯もグラグラ熱く沸騰しますね☆彡

口コミ勧誘しなくても人脈を広げる方法

私は完全在宅でできる副業として、ネットワークビジネスをオンラインで集客する仕組み、ネットで新しい人脈を増やしながら組織構築できるノウハウを無料でご提供しています。

口コミで断られる恐怖からあなたを解放します!

 - ネットワークビジネス