プレ更年期の症状と女性ホルモンの関係

      2018/04/19

「プレ更年期」って聞いたことありますか?
プレ更年期とは、更年期より前に現れる女性ホルモン分泌の減少による諸症状のことを指します。本来、更年期というのは、閉経を迎える前の50代以降の女性に現れる生理現象ですが、近年、40代前半の女性でも更年期に似た症状に悩まされる方が多くなってきているようです。

プレ更年期の原因
・ストレス
・自律神経の乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・食生活の偏りなどによる質的栄養不足

などによる「女性ホルモンの分泌不足」

プレ更年期に起こる代表的な症状
・抜け毛が増える
・白髪がポツポツと出始める
・季節に関係なく、肌が乾燥する
・気持ちの浮き沈み
・生理周期によってイライラやカリカリがひどくなる
・疲れやすくなる
・以前より経血の量が少なくなる、生理周期が短くなる
・年々、手足の冷えがひどくなる
・上半身は暑いのに、下半身が冷えている
・眠りが浅くなる
・生理不順
・体臭が気になり始める
・たちくらみや貧血がある

など

プレ更年期症状は、いずれも自律神経の乱れと連動して起こるホルモンバランスの乱れも関係しているようです。

ティースプーン1杯の女性ホルモン

女性らしさの源ともいえる女性ホルモン。その分泌量は、一生にわずかティースプーン1杯とされています。女性ホルモンの分泌量は30代を境に減り始めていきスプーン1杯の女性ホルモンを最大限に分泌させていれば、閉経までつやつやな女性らしさを保ち続けられるともいわれています。

でも実際は、毎日のストレスや睡眠不足、そして大事な生理をないがしろにしがちな忙しい生活習慣などが影響して、分泌量が低下してしまうのです。そうなると、更年期が早まったり、更年期障害に悩まされるというリスクが高まります。

女性ホルモンの分泌をアップさせるには?

1、いろいろなものから刺激をもらう。

音楽、趣味、旅行、買い物、友人との食事、愛する人とのスキンシップなど、女性ホルモンが喜ぶような刺激を常に探して楽しむ。好きな洋服やメイクでもいいし、自分にとって「ときめく」ものを増やす。

2、ストレスをためない

例えば、笑う、泣く、怒る、眠る、休むことを我慢しない。時に思いっきり泣くこと、思いっきり笑うことは、ストレスを解消してくれます。また、お日様の陽を浴びること、ストレッチやウォーキングなど「自分に無理をしない運動」を取り入れてみる。

3、体をしっかり温める。

冷たい飲みものはなるべく避ける。シャワーだけで済ませずに毎日の入浴を心がける。入浴は体温を上げるだけでなく、副交感神経が優位になり、自律神経が整います。血行を促進するバスソルトや重曹、ご家庭にある手軽な物、粗塩、日本酒などを入れたお湯にゆっくり浸かるのがオススメです。

4、とにかく睡眠を大切にする。

特に夜の22時以降は女性ホルモンが最も分泌されて、細胞や脳神経も修復・再生される時間帯です。22時〜深夜2時までは「お肌のゴールデンタイム」とも言われますね。質のよい睡眠は自律神経を整えます。夜の21時を過ぎたらスマホを触らない、食事をしないなど、良質な眠りのための準備をするのが良いですね。

3、良質なタンパク質・脂質をしっかりとる。

そもそもホルモンを構成する材料はタンパク質と脂質です。糖質は必須栄養素ではありませんが、タンパク質と脂質は必須栄養素です。これが不足していては、体も修復・再生しづらくなります。つやつやでハリのあるお肌や髪を保つためにも、特に「赤身の肉、卵、青魚」などは40代を過ぎたら積極的に摂りたい食材です。

これらの食材には、植物性のタンパク質にはない必須アミノ酸や、ビタミンA、Lカルニチン、ルテイン、亜鉛、ヘム鉄、トリプトファンなど、女性ホルモンを整えるために摂りたい栄養素が豊富に含まれています。

逆に糖質は体を「糖化=老化」させやすいですから、40を過ぎたら控えめに。その代わり、タンパク質や脂質を意識してみましょう。

4、食事からビタミンE、ビタミンB群、鉄分、亜鉛をしっかり摂る。

甘いものが食べたくなったり、イライラしたりする期間には、ホルモンバランスを整えると言われているこれらの栄養素をしっかり取って対処しましょう。

ビタミンEの豊富な食材は、アボカド、アーモンド、かぼちゃ、かぼちゃの種、卵、など。
ビタミンB群の豊富な食材は、納豆、豚肉、レバー、かつお節、鮭、卵など。
鉄分、亜鉛の豊富な食材は、赤身肉、ラム肉、牡蠣、海老、あさり、しじみなどです。

5、ホルモン剤やピルには頼らない!薬よりも自然由来のオーガニック系サプリを活用する。

更年期を緩やかに迎える対処法でホルモン剤やピルを服用する方法がありますが、これらには必ず副作用などのリスクがつきものです。それならば、毎日の生活習慣を整えることで女性ホルモンの分泌をアップさせることを意識しましょう。

また、食事からは、なかなか摂れない栄養素は、プレ更年期に特化したサプリを上手に摂り入れるのもいいですね。自分の体、なんとかしたい!でも、薬、化学物質などに頼るのはイヤ!でも、なかなかバランスの良い食生活もできない。でも栄養不足はかなり前から感じている。そんな方はこちら!

更年期の不快な症状を軽減するには

女性特有の更年期障害は通常40代から50代に始まります。そして、この人生の半ばの時期に ストレスがつきものであることも、多くの女性が経験しているとおりです。更年期の体の変化は自然に生じるもので、避けられない生理現象です。それでも、不安要素を最小限にして前向きに臨めば、特別な時期を楽しく充実したものにすることができます。

適切な食事、ポジティブな心構え、日常的な運動にフェミニンバランスを加えてみてさい。フェミニンバランスは、ミドルエイジを迎える女性を応援するために特別に作られた栄養サプリメントです。更年期のピークに時々生じる不快な症状を和らげ、体の変化を穏やかに進めるために、女性の体調を整える作用のある伝統的なハーブと、マグネシウム、ビタミンB6、その他の栄養素が配合されています。

・多くの女性が経験するホットフラッシュ (体熱感)の深刻な症状を和らげ、その頻度を軽減
・健康的で明るい気分を生み、骨密度、副腎機能をサポート
・ホルモンを正しいバランスに保ち、疲労感を軽減

のぼせ、ほてり

更年期には劇的な体の変化が起こります。そのため多くの女性がのぼせ、ほてりといった顔面紅潮 、大量の発汗 、いら立ち、疲労感、その他の不快な症状を経験します。

更年期の女性の体のなかでは、卵巣のホルモン分泌機能は低下していきますが 、卵巣を刺激するホルモンは下垂体から盛んに分泌されます。相反するふたつの作用でホルモンバランスが大きく変動し、それが様々な不調となって現れるのです。

のぼせやほてりは、医学的には血管運動神経症と呼ばれています。断続的に皮下の血管に大量の血液が流れ込むため、短時間に表面温度が数度上昇します。また、同時に大量の発汗が生じたり、夜間に急に熱く感じて、睡眠が妨げられたりといった症状もよくあります。

フェミニンバランスには、調整作用のあるハーブ類(エゾウコギ、ウコン、カンゾウ根部、乳香樹、葛根、ホップエキス、シャタバリ) と、主要栄養素(クエン酸リンゴ酸マグネシウム、ピリドキシン)が配合されています。更年期を元気に穏やかに乗り越えていけるよう、女性をサポートする栄養素が詰まっています。

フェミニンバランス 7,100円(送料別)

 

自営業者が仕事の合間に健康と権利収入の両方を手に入れる方法

 

 

 - エステティシャンの美容と健康情報 , ,