老後貯蓄が足らない?50代夫婦の誤算 

   

老後間近な50代なのに貯蓄がない、高所得なのに貯蓄がない、業績悪化による減収、老後不安を感じはじめる時期に増えてくる教育費、巣立たない子どもにかかる生活費。

貯蓄作りの基本は、働くことによって得られる定期収入です。私は自営業者ですが会社員の場合は、毎月のお給料がこれに該当し、この収入で日々の生活を賄い、食費、被服費、光熱費、教育費、娯楽費、交際費、家賃など、生活していくためにはさまざまな支出が発生します。いくら収入が多くても、これらの支出が収入を上回る状態が続いていたら、いつまで経っても貯蓄はできません。

知り合いの夫婦は800万の貯蓄と2200万の退職金(見込み)があり、大企業に勤める50代の夫。ご主人様が70歳になった時点で貯蓄が底をつくことが分かったそうです。これまで2人の子どもの教育費を払いながら約800万円を貯蓄し、退職金も約2200万円もらえる予定なので、老後資金は3000万円ほど。それなのに老後破綻の可能性がある?!

収入増でも支出も増加

50代の夫の収入は手取りで月約46万円、夫婦の支出は月約43万円で収支は赤字ではありません。ただ貯蓄が800万円あるとはいえ、収入の割には貯蓄できていません。夫のボーナスも夏冬それぞれ手取りで約90万円支給されるそうですが、気が付いたらほとんど残っていないそうです。

子どもたちが学校に通っている間は「節約し、何とか貯蓄しなくては」と家計をやりくりしていましたが、子どもたちが働き始めて手がかからなくなったころ、夫の収入がぐんぐん上がり始め、それにつられるかのように支出も多くなっていきました。このため、ここ数年は貯蓄を増やせなかったようです。

今の月43万円の支出だと、夫が無年金の60~65歳までの5年間は年間516万円の生活費が必要です。65歳以降は、夫の公的年金の受給額は概算で月額約22万円。妻の分の約6万円を加えても約28万円にしかなりません。月々約7万円の住宅ローンの返済は夫が65歳のときに終わるので、単純に考えると月の支出は43万円から7万円を差し引いた約36万円になります。

ですが、公的年金は夫婦合わせて月約28万円なので、毎月約8万円を蓄えから補填することが必要です。1年間だと約96万円にもなります。そのほか、生活費以外でお金がかかることもあるでしょう。

夫が退職した時点では退職金も含めて貯蓄が3000万円に達するとしても、65歳の年金受給開始までの5年間に少なくとも516万円×5=2580万円を貯蓄から取り崩すことになるので、65歳時点の貯蓄額は多くても約420万円。65歳以降の貯蓄からの補填額は年約96万円ですので、この420万円は4年余りで底をつく計算です。夫が70歳になった時点で家計が破綻します。

老後の資金が不足している場合の対応は、家計の改善と同様に収入を増やすか支出を減らすかの2つしかありません。夫が定年後も再雇用などで仕事を続けたり、妻が働きに出たりして収入を増やす一方、生活費を減らして余剰金を捻出し、貯蓄を増やすことが今後の夫婦のできること。

日本人の平均寿命は延びています。今後、増税などで手取りの収入が減る可能性もあるなど、何が起きるか分からず、老後の暮らしは計画通りにいかないことも多いのです。だから可能な限り老後資金を蓄えておくことが必要です。今できることにしっかり取り組んで老後に備えていきたいものです。

老後資金を増やす!50代主婦でも在宅でできるネットビジネス↓

50代からの老後貯蓄

これから歳を取ると行動範囲が狭くなるし、食べる量も減るから、お金はあまり使わないのではないかと考えてしまいがちですが、そんなことはありません。たとえば持ち家の人だと築30年くらいになれば、いろいろな箇所にガタが来ますから、終の棲家になることを想定して、壊れたところの修繕費やリフォーム費用もかかります。

また、最近は晩婚化が進んでいますから、自分が定年になった時、子供が結婚していないことも考えられ、子供の結婚にかかる費用を、親が負担するケースもあるかもしれません。

自分が60歳前後の時、親が90歳前後で要介護だったら、その費用負担も発生しますし、自分自身も決して若くはないわけですから、医療費の負担がかさんできます。また、介護のために夫婦どちらかが仕事を減らせば、一気に収入減の危機に陥いります。

さらに老後の資金繰りで見逃せないのは健康で長生きできたとしたら、それだけ老後に必要な資金は増えます。平均寿命男性は83歳、女性は89歳の時代です。90歳代までの長生きを前提に資金計画を考えなければなりません。

このように、いろいろとお金は必要になります。3000万円程度の貯蓄だと、あっという間に食い潰してしまいそうです。なので老後貯蓄は最低でも5000万円は必要だといわれます。

終身雇用制度がなくなったこの時代、定年まで同じ会社に勤め続ける人の方が稀だし、転職を繰り返していたら、1000万円の退職金など、まず出ないでしょう。5000万円を作るなら、退職金は外して早いうちから資産運用の計画を立てる必要がありますが50代からでは遅すぎます。投資はやり方を間違えると、家計や生活に影響します。

50代老後貯蓄の秘策

貯蓄の解決策は今までと同じように過ごしたのでは変われないので、支出の削減に加え、可能なら働いて増収を目指すことしかありません。でも50代が働くといっても年齢的な制限はあるし、外で時間給で働く労働収入では体力的なことも考えると無理ができないし・・・
そこで在宅ワークでできるネットワークビジネスのご提案です。
今、これを読んでいる方なら多少なりともパソコンができるでしょうからインターネットを活用して収入が得られ、それも労働収入でなくコツコツ続けることでいづれは不労収入、権利収入源の構築ができたら素晴らしいと思いませんか?さらに働くことによって収入が増えるだけでなく、新しい生きがいや人のつながりを得られたらいいですよね。

 

 - 50代女性が活躍できる仕事 ,