老後破産対策に本当になるの?!ネットワークビジネス

   

高齢になれば介護施設の利用や医療費、療養費がかかり年金が少なければ少ないほど、老後の不安が増しの危機となります。そこで老後破産にならないために、わたしが選んだ対策は、在宅で出来るネットワークビジネスです。

この先も経済的な不安がなく、やりたいことが自由に出来る時間があれば、どんなにいいだろうと思うと、やはりネットワークビジネスで権利収入が得られたら嬉しいです。ネットワークビジネスは即金性のある仕事ではありませんが、コツコツと活動を続けることで、経済的・時間的な自由となる【権利収入・不労所得】を得る可能性を持つ素晴らしいビジネスです。

老後破産にならないためにわたしはネットワークビジネスで自分年金を備えようと思いました!長生きしても一生貧乏のまま、みじめで悲哀な老後は過ごしたくはありません。老後破産をしないためにも、将来の備えとして老後年金や老後の生活費を計画的に貯めていくことは、もちろん必要ですが国の年金受給を当てにすることなく自分で資産を作り、上手にお金を増やすことも必要な時代になってきた、と切に感じます。

だからと言って老後の生活費のために寝る間も惜しんで、心身共に、すり減らして働き、病気にでもなったら元も子もありません。自分で資産をつくり、老後破産の危機を乗り切るゆとりある生活ができるような対策は必須ですね。

将来の老後破産の心配をするくらいなら毎月わずかな投資と少しの努力で健康的に充実した日々を過ごしながら収入が得られたら、こんなに嬉しいことはありません^^ わたしはこのネットワークビジネスを初めて最初に得た収入は2万円くらいでしたがコツコツ継続していくことで、ちりも積もれば山となるように権利収入源の構築ができます。

老後破産しないための年金対策

中小企業が集まってつくる厚生年金基金は、年金保険料を納める若い社員が減る一方、年金を受けとる退職者は増えてどこも厳しい状況だといいます。厚生年金基金は会社員らが入る年金のひとつで国から厚生年金の積立金の一部(代行部分)を預かり、企業が社員のためにお金を出して上乗せする企業年金とともに運用しています。

バブル崩壊後の不況で運用利回りが低くなったり、高齢化が進んで年金受給者が増える一方、現役社員の加入者が減ったりして、大企業の基金が代行部分を国に返上し、企業年金だけに移行していったのです。2012年にはAIJ投資顧問による年金積立金詐欺事件が起き、多くの基金が預けていた年金資金を失ったのです。

14年末時点で483基金まで減り、中小企業が業界や地域ごとに集まる基金が多い中、このうち290基金が解散を予定し、その9割にあたる261基金が13年度末で企業年金の積み立て不足に陥っているのです。

厚労省の厚生年金基金のモデル例では、

支給月額は基礎年金が約6万5千円(夫婦で約13万円)

厚生年金(代行部分含む)が約10万円、

企業年金が約7千~1万6千円になります。

 

企業年金は受けとる期間が10~20年の人が多く、企業年金がなくなると数百万円の老後資金を失い老後破産の危機となります。

私のような自営業者の国民年金は保険料を40年間納めた場合でも支給額は月に約6万5千円くらいで保険料を納めない時期があると年金額は少なくなります。

厚労省の11年の調査では、

国民年金の加入者約1700万人のうち無職が約39%、

臨時・パートの非正規労働者が約28%、

自営業者が約22%、

厚生年金がない会社などで働く常用雇用が約8%

 

老後破産をしないためのネットワークビジネス

貧困は、若者にも迫り、高齢者にも迫り、さらには非正規雇用の割合が多いといわれる団塊ジュニア世代にも迫っています。改めて、日本が「一億総中流社会」ではなくなったことに気づかされる現実があるのです。

老後破産をくい止める方法は、親の介護、団塊ジュニア世代の板挟みになっている団塊世代の負担を軽くする。社会保障の充実など社会が取り組むべき最優先の課題だと思います。ですが老後破産を防ぐために早いうちから自力で対策をしておくことが賢明だと思い、わたしは本業の合間に在宅でできるネットワークビジネスで資産の構築をはじめています。

 

自営業者が仕事の合間に健康と権利収入の両方を手に入れる方法

 

 

 - 老後破産