Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

老後の三大不安はお金と健康と○○

   

老後の三大不安は「お金」「健康」「孤独」といわれます。
老後不安の感じ方は男女によって差があり、男性は「孤独」、女性は「お金」により強く不安を感じる傾向にあるようです。女性がなぜお金に不安を感じるかというと、男性よりも長生きだからです。65歳時点での平均余命は男性で約20年、女性で約24年であり、65歳以上で配偶者がいない人の割合は男性は約2割、女性は約5割とシングル女性の比率が倍以上になります(2015年の国勢調査のデータ)。

これは夫に先立たれる女性が多いということを示しています。つまり、女性は結婚していてもしていなくても最後はお一人さまになる可能性が高いのです。長く会社勤めをしていた男性なら、お一人さまでも年金も退職金もありますから、生活に困窮するということはあまりないでしょう。しかし、女性のお一人さまの場合は男性ほどは年金などを受け取れないケースが多いものです。男性ほどは生涯賃金が高くないことなどが理由です。にもかかわらず、男性より長生きなので老後費用は余計にかかるのです。

老後不安 介護

老後不安最大の問題の一つが介護です。「女性には介護が3回ある」といわれます。親の介護、夫の介護、そして最後は自分の介護です。特に自分の介護のとき子どもに面倒を見てもらいたくなければ、高齢者施設に入る必要があります。

しかしながら、高齢者向けの施設はどれだけお金をかけられるかによってサービスにかなり差が出てきます。言い方は悪いですが「老後の沙汰は金次第」ということになるのです。では、実際に何を心がければいいのでしょうか。

老後不安は資金づくりで解消

それは一にも二にも自分の老後資金づくりに励むことです。多くの場合、妻が働く理由は夫の給料だけではやっていけないので家計の足しにするとか、自分で好きな物を買ったり、旅行に行ったりしたいといったことでしょう。そこにもう一つ、「自分の老後の資金づくり」という目標を掲げるのも必要だと思います。

正社員ならずっと働き続けることはもちろん、専業主婦も子育てを終えたらどんどん働きに出るべきだと思います。一般的には専業主婦がパートで働く場合、配偶者控除を受けるためや自分の社会保険料負担を避けるため、働く時間を少なくするという、いわゆる「〇〇万円の壁」を意識することが多いと思います。

でも、これからはそういう壁を意識するのではなく、可能な限り積極的に働いて厚生年金にも加入し、自分が将来受け取る年金額を増やすことを考えた方がいいのではないかと思います。

また、公的年金の受け取り開始時期を夫と妻でずらすのも一つの方法です。年金の支給開始を遅らせることで受給額が増えることもあります。例えば夫の年金の受け取りは通常通り65歳からにしてそれを生活費とし、妻の年金の受け取りを70歳まで繰り延べすればいいのです。妻の年金は65歳から受け取るより4割以上増えます。

これは夫と妻が会社員として共働きし、厚生年金と基礎年金をそれぞれ受け取る夫婦に最適の方法です。家計の自由度が高く、妻だけ年金受給を遅らせても生活にさほど支障が出ないと考えられるからです。

いずれにしても女性は男性よりも老後への備えが重要です。スタートは早ければ早いほどいいでしょう。若いうちから老後を考えるのはぴんとこないかもしれませんが、結婚後働き続けるだけでも大きな違いになるはずです。

老後不安は副業でワクワクに♪

わたしは自営業を営んでいるおひとりさま女性です。自宅サロンとか、一人でやるタイプの仕事は大変だと思います。さらに50歳以上になるときつい(;゚ロ゚) 体力が衰え、ライバルが増え、常に新しいノウハウを勉強して、常に新しいサービスの提供をして向上していかないといけません。業態を変えるか、なんらかしらの仕組みを作っておかないと大変です!

そこで!本業以外で副収入を得る手段を探しているときに出会ったのは、将来は毎月ほったらかしでも権利収入が口座に振り込まれる仕組み作りのできる新感覚のネットワークビジネスです。

このビジネスが私に与えてくれたのは権利収入だけではありません。
多くの方とのご縁がつながり、出会うことができた「人」、ビジネスの仲間たちがとても大きな財産だと思っています。これからも「思いやりを持ち人を大事にする」というポリシーを胸に、いくつになっても新しいことにチャレンジする精神を忘れずにキラキラ輝く人生を送り、また、私と同じ望みを持つ方々を精一杯応援していきたいと思っています!

自営業者が仕事の合間に健康と権利収入の両方を手に入れる方法

 

 

 - おひとりさま老後 ,