Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今、話題のシンギュラリティとは何か?

   

「シンギュラリティ」日本語では「技術的特異点」と訳され、人工知能が人間を超える日という意味で使われます。人工知能にはいろんな種類があり、最近では自分たちで学習する能力をどんどん高め、創造性を備えたものも出てきています。

例えば、生活習慣や好みなどを考慮して新しいレシピを考えてくれる人工知能も出てきています。しかも、人工知能は、自らさらに発達した人工知能を考案できるところまで近づいています。これを繰り返すことで、あと26年後の2045年には、人工知能が人間を超える「シンギュラリティ」が起きるといわれています。

 

なんだかSF小説のような話ですが「シンギュラリティ」で何が起きるかが研究されています。2015年には総務省で研究会が発足され研究会の資料を見ると、2020年には車の自動運転が本格的に稼働、2025年に翻訳サービスの代替、2030年にはホワイトカラーの秘書業務などが代替されていく未来が描かれています。

つまり、人間が行っている仕事が人工知能に奪われていくのです。なんだか怖い話。定年まで働きたいという女性も多い中、自分の仕事がなくなったらどうしよう……と不安になる人もいるのではないでしょうか。

将来、人工知能に代替されにくい仕事

この論文には人工知能に代替されにくい仕事のランキングが記されています。上位にランクインしているのは、器用さや社交性、他者への手助けや思いやりなどが重視される、比較的女性が得意とするスキルが必要となる仕事ばかり。例えば、セラピストやカウンセラー等です。確かに……人工知能を搭載したロボットに話を聞いてもらうより、生身の人間に話を聞いてもらったほうが親身になってくれた感じはありますよね。

 

働く女性が目の前の仕事において知的レベルを高めるための勉強は必要ですが、人工知能に代替されない、人間らしさの源泉となる思いやり力を磨いておき、女性の得意なこの力が将来の強みになるようです。

 

仕事を任されるとき、単なる技術や効率性だけでは決まらないものです。人工知能が主体となっていくような未来が描かれているからこそ、人間らしい思いやりや気遣いを基に、声を掛け合って仕事ができるというのは、強い武器になるのかもしれませんね。

 

比較的女性が得意とするスキルが必要となる仕事はセラピストやカウンセラーなどがありますが「美と健康を提供し、多くの人々を幸せにしたい」という、この在宅ネットワークビジネスも他者への手助けや思いやりなどが重視される仕事なのではないかと思います。

 

自営業者が仕事の合間に健康と権利収入の両方を手に入れる方法

 - TAKAKOのつぶやき