シニア 女性のライフスタイルを魅力的にする方法

      2018/05/25

シニア女性ライフスタイルは昨今、変わりつつあるようです。
明るい老後をイメージしているのは男性より女性の方が多く、ハッピーライフ実感者は趣味などでセカンドライフが充実しています。

全国の50〜79歳のシニア世代男女1,000名を対象にシニアライフに関するアンケート調査を行いました。そのひとつの項目である「お手本にしたいシニアランキング」では

50代女性では
1位「吉永小百合」さん
2位「桃井かおり」さん
3位「竹内まりや」さん
4位「樹木希林」さん
5位「浅田美代子」さん

という結果。みんな若々しいし素敵な女性ですから納得ですね^^

シニア予備軍は「資産運用」や「アンチエイジング」を始めたいと考えている方も多くシニアは「パソコン」や「終活」「ボランティア」や「地域活動」を始めたいと考えているといいます。82歳の若宮正子さんも現役プログラマーで世界中から注目を集めていますものね!

シニアとは何歳から?

ところでシニアとは何歳から?と疑問なのですがシニアという定義は幅広く、50歳以上という説もあれば、定年退職してからという説もあるようです。確かに物覚えが悪くなり、小さい字も読みにくかったり根気も続かない…なぁんてこともあるのですが、学ぶことが好きで学ぶことが得意なシニア女性のライフスタイルは「学び」が「しなければならないこと」から「したいこと」に変化してきています。

シニア女性のライフスタイル【生活観】

シニアが生活で大切にしているものは「健康」「お金」「子ども・孫」「パートナー」「趣味」。そしてシニア女性はキレイに歳を重ねたい!と「美容」を大切にしているようです。シニアライフを楽しむ秘訣は趣味、人との交流、食生活、健康の充実です。

イキイキシニアライフに必要だと思うことは、

1位「家族との絆」

2位「趣味や価値観を共有できる人との交流」

3位続いて女性では「オシャレ」

4位「困ったときに相談できる場所」という調査結果が出ています。

日本におけるシニアのインターネットの利用率

シニア層のインターネットの利用率は

50歳代で91.4%、

65歳~69歳で68.9%、

70歳代で48.9%。

 

その中でシニア層のSNSの利用率は

50歳代で29.2%、

60歳~64歳で約20.1%、

65歳~69歳で17.9%、

70歳代で19.3% だそうです。

今後さらにシニアのインターネット利用率、SNS利用率がともに増加すると考えられています。

シニアの活躍

 

60歳で生命保険会社を立ち上げた方のお話です。50歳は起業に向いているとか。大人として認められるのが20歳。そう考えて平均寿命が80歳とすると大人である期間は60年間。真ん中は50歳となり自分の見極めもつくし、世の中の風景がわかっているからだそうです。

自分の見極めもつくということは「会社に居続けたら収入や退職金はこれくらい、子どもが文系に進んだらいくらくらいかかる、とわかる。リスクが少ないと思うんです。飯が食えるという自信さえあれば、いい」と言います。

起業する50歳以上が増え、どんどん社会に飛び出せば、年功序列の会社の風通しもよくなり経済にも影響があるという。そしてどうせ、起業するなら「好きなことやりたいことを仕事にする」と良いと推奨しています。

生保をインターネットでという発想は「所得を調べたら、20代の世帯は平均300万円くらいでした。必ず晩婚になり、少子化になる。保険料を半分にして、赤ちゃんを産みやすい社会をつくること。これをミッションにすると決めました。そのためにはインターネットを使って経費を抑えるしかない」と考えたからだそうです。

ネット生保は、山あり谷ありで生命保険は営業職員から買うものだという社会常識の壁は、想像したよりも厚く苦戦しているようです。しかし業界で初めて手数料など保険料の内訳を開示したりと、ライフネットが生保の既存秩序に風穴を開けてきた点は、高く評価されています。

出口治明〈でぐち・はるあき〉
72年に日本生命に入り、ロンドン事務所長や国際業務部長などを経て、
05年退職。ライフネット生命保険を起業し、13年から会長兼CEO。
これまでに5千冊以上の歴史書を読んだ読書家でもある。

日本国内では74年ぶりに国内外の保険会社を親会社としないで設立された独立系生命保険会社であり、保険販売にインターネットを用いた生命保険会社ライフネット生命会長兼CEOの出口治明氏は60歳で生保を立ち上げました。

シニア世代は、さまざまな人生経験が加わり若い時より熟した「人間力」が備わっている人も少なくありません。シニア世代の豊かな人生経験と社会の先輩としての人間力を生かし豊かなライフスタイルを自分のものにしたいものです。

シニアが美と健康と権利収入を手に入れる方法

 

 - シニア 女性のライフスタイル , ,